スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ライブスタート。
ライブが始まればあとはライブを思いっきり楽しむのみ!!

ですが、気をつけて欲しいことがいくつかあります。

まずは、絶対に無理をしない
ライブ中、気分が悪くなったら無理をしないという事。
これは、本人だけの問題ではなく、もし演奏中に倒れたりしたら、周りの人にも迷惑が掛かりますし、場合によってはライブ自体を中断しなくてはならなくなる場合もあります。
過去の箱ライブの時には充さんがライブ中に

「前の子が辛そうだから、みんな一歩下がろう」
「この子、辛そうだから出してあげて」

などという言葉がライブ中に何度も繰り返されました。
時にはMCを中断して、最前付近の方をスタッフさんが救出する場面も目にしてきました。
ホールライブと違って、スタンディングは体力もかなり必要です。
「ライブを楽しみたい」と言うのはもちろんですが、
自分の為にも、周りの人やSOPHIAの為にも
気分が悪くなったら、無理せずに端で休んだり
スタッフさんへ声をかけて助けてもらってください。

そして、自分の周りに居る人の事も気にかけてあげてください
友達だとか、知らない人だとか関係なく
周りに気分の悪そうな人が居たら助けてあげてください。
スタッフさんを呼んであげてください。

実は私もSOPHIAのライブではないですが。
箱ライブに行き始めでまだ慣れてなかった頃
バラードの曲でいきなり倒れたことがあります。
最初は「ちょっと気分悪いなぁ」位だったので、自分でも大丈夫だって思ってました。
バラードで会場が静まり返って私も一息ついていたら、急に立ちくらみがして。
気が付いたらロビーに担ぎ込まれていました。
二千人規模のライブハウスで
フロアのほぼセンターに居た私がフラフラしているのに気が付いたスタッフさんが
人を掻き分け駆けつけて来てくれて。
もう少し遅かったら頭から倒れていたところでした。
自分ではまさか倒れるとは思っていなくて。
スタッフさんに助けられた形になりました。
結果的には楽しみにしていたライブなのに悔いが残る形になり。
一緒に行っていた友達にも迷惑をかけてしまいました。

自分ではわからない場合もあるって事です。
SOPHIAのオーディエンスならみんなで助け合って
怪我人無く笑顔でツアーを終わらせられるはず。
箱ライブだから足を踏んでもOKなんて思わずに
踏んでしまって相手がわかっているようなら一言「スイマセン」と言えるような
そんな空間になると良いなぁと思ってます。







スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © SOPHIA TOUR2008           LIVE HOUSE SEMINER.. all rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。