スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
持ち物について。
まずは持ち物について。

ホールライブとスタンディングライブの違いは皆さんもご存知の通り
席があるか無いかの違いです。
座席指定の場合は、自分の荷物を足元や席に置くことが出来ますが
スタンディングライブという事は、そういう事が出来ないと考えてください。
実質的には、スタンディングライブでも足元に荷物を置くことは可能です。
が、足元に荷物を置くと、周りの人の迷惑になります。
前回のZEPPツアー同様、今回もチケットはほぼ売り切れている状況になると思うので、
各会場、満員になることが予想されます。
なので、出来れば荷物を足元に置かなくても良い状態を作ってください。

簡単に言えば

荷物は最低限に!

荷物を持ち込む時は、ウエストポーチやショルダーバッグなど
足元に置かなくても良い物に!!


という事です。
各会場ロッカーもあると思うので、
荷物が多い方はライブ前にロッカーに荷物を預けることをオススメします。


SOPHIAのライブと言えばヒマワリの存在ですね。
スタンディングのライブで、ヒマワリを持ち込むか迷っている方も多いと思います。
荷物を最低限に!なんて言ってるのにヒマワリを持ち込むのか?
ハッキリ言ってスタンディングライブでヒマワリは凶器になります。
ヒマワリを振らない時間も、周りの人と密着した状態になる箱ライブではヒマワリが邪魔になる事が目に見えています。
曲中、ヒマワリを振ったとして。
ホールとは違い、ヒマワリを振るだけで前の人の頭にヒマワリが当たったり、
茎の部分が周りの人に刺さったり。
真後ろに居る人にとっては、視界を妨げてしまう可能性もあります。
じゃあ持ち込まないほうがいいのか?
正直、これは個人の考えなので、ハッキリココでは書きません。
ですが、私は「ヒマワリ=みんなの笑顔」だと思っています。
なので、ヒマワリの花がたとえなくても
SOPHIAのライブにはヒマワリ畑が現れると思っています。

前回のZEPPツアーでもヒマワリを持ち込んでいる方が多かったように思います。
ホールライブの時と同様にヒマワリを中へ持ち込むのであれば
ライブハウスという事を頭に入れて
茎を短く切って出来るだけ凶器にならないようにしたり。
今回のツアーは物販でヒマワリの販売があるかわかりませんが
物販でヒマワリを買って持ち込むようになることも考えるのなら。
ライブ中に周りの邪魔にならないように持っていられるように工夫するなど
周りの迷惑にならないように心がけて頂きたいです。

私は前回のZEPPツアーでは、ヒマワリをそのまま持ち込むとライブ中に邪魔になり
ライブを100%楽しめなくなりそうだったので
100均のヒマワリを改造して腕に付けられるようなヒマワリにして参戦しました。
そういう方も沢山見かけました。

ちょっとした工夫だけでも違うと思います。
参加したみんなが100%楽しめるような環境作りでライブにのぞみましょう。



スポンサーサイト
服装について。
ライブ空間は自由な空間。
どんな服装で行っても、もちろん問題はありません。
ですが、ホールライブとは少し違うので、私個人が思う理想の格好を書いておきます。

1、靴はヒールではなくスニーカー!
これ、かなり大事です。
なぜヒールがダメなのか。
ホールライブでは疲れたらイスに座れば良いし、ヒールで足が辛くなればその場で靴を脱げば良い。
ですがスタンディングライブではそうは行きません。
そしてスタンディングライブでは、他の人の足を踏んでしまう可能性がかなりあります。
ヒールで足を踏まれたら絶対痛いです。
周りに居る人の事も考えてあげてください。
もちろんスニーカー限定ではなく、要は履き慣れているフラットな靴という事ですね。
スニーカーは人の足を踏んでもヒールよりは安全だし、何より動きやすい。
箱ライブではコレが一番です。
壁際や一番後ろで参戦予定の方以外はピンヒールは危険なので絶対にやめてください。


2、洋服も動きやすさが一番!!
靴とも同じ事が言えますが。
もちろん洋服も動きやすいのが一番です。
フリフリのスカートよりパンツスタイルが絶対オススメ。
会場内では絶対的に熱くなります。
半そでで全然OKです。
スタンディングライブだと、途中で熱くなっても人が密着していて服が脱げない状態だったり、脱いだ服が邪魔になったりという事があるので、
その辺も踏まえた上でのコーディネートをしてください。

ちなみに私の箱ライブのお決まりスタイルは。
半袖Tシャツ、ジーパン、スニーカー!!
首にはタオル!!

みんなで最高なライブにしましょう!!
ライブ前の準備。
会場に着いてロッカーに荷物を預ける人が多いと思います。
では、何が必要か?
これはホールライブでも同じですが

チケット、お財布

があれば大丈夫です。
あると便利なモノだと

タオル、携帯、ドリンク、時計


などなど。
中で友達とはぐれることもあるので、携帯があると便利だと思います。
ドリンクは持ち込めないところもあるのかな?
その辺は詳しくわかりませんが。
体力に自身がない方、ライブ中に水分が必要な方はペットボトルなど。
ペットボトルも今はホルダーなどで肩から下げられたり、腰からぶら下げられたりするのもあるので工夫してみてください。
コレくらいの最低限の荷物ならカバンがなくてもタオルは首に、その他のものはポケットに入れられます。
手ぶらで入るのが一番いいと思います。
やっぱりライブ楽しみたいですもんね。

荷物の準備の他にライブ前の準備として。
お手洗いを済ませておく、飲食を済ませておく事です。
これもホールライブと変わりませんが。
開演前、ライブ中など、一度場所を抜けてしまうと基本的には
「場所をとっておく」事は難しいです。
なので、お手洗いは開場前に済ませておいたほうがいいと思います。
飲食も、ホールなら席に着いてからという事が出来ますが
スタンディングだと無理ではないですが状況によっては難しい場合もあります。
出来るだけ会場に入る前に済ませておいたほうがいいと思います。


いよいよ開場。
スタンディングライブは入場が整理番号順になります。
整理番号はチケットに明記されています。
アルファベットがある場合は基本的にはA1番からの入場。
Aの人が終わったらB1番という場合がほとんどですが、場所によっては、A1番とB1番が同時に入ることもあります。
気になる方は各会場へ事前に問い合わせてみてください。

整理番号順ですが、その場に居ない人は抜かしていきます。
なので例え良い整理番号でも、その番号が呼ばれたときにその場に居なければ、抜かして次の人が入ることになります。
前のほうで見たいと思っているのなら、開場時間前には会場に着いて待っているくらいの方が良いと思います。

スタンディングライブは基本的には好きな場所で見ることが出来ます。
もちろん整理番号での早いもの順ですが。
だからと言って中に入ったと同時に駆け出すのはとても危険です。
焦りすぎて転んでしまったら、余計に望んでいる場所が取れません。
焦らずに中に入ってください。

そして最前列付近は押しつぶされる覚悟をしておいてください
SOPHIAファンは箱ライブに慣れてない方が多いので
ライブが始まると後ろから押しつぶされることが予想されます。
ライブハウスと言うのは押されて当たり前です。
「押さないで」って言っても、ライブが始まれば少なからず押されます。
それがライブハウスです。
私が過去に参加したAXや新木場、ZEPP TOKYOではライブが始まると同時に
最前列付近から「痛い」という悲鳴が聞こえてきてしばらく収まりませんでした。
ハッキリ言って最前列付近は痛いです。
ライブ後、腕にアザを作っている方もいます。
それくらい押されます。
前に行く方は覚悟して前に行ってください。



ライブスタート。
ライブが始まればあとはライブを思いっきり楽しむのみ!!

ですが、気をつけて欲しいことがいくつかあります。

まずは、絶対に無理をしない
ライブ中、気分が悪くなったら無理をしないという事。
これは、本人だけの問題ではなく、もし演奏中に倒れたりしたら、周りの人にも迷惑が掛かりますし、場合によってはライブ自体を中断しなくてはならなくなる場合もあります。
過去の箱ライブの時には充さんがライブ中に

「前の子が辛そうだから、みんな一歩下がろう」
「この子、辛そうだから出してあげて」

などという言葉がライブ中に何度も繰り返されました。
時にはMCを中断して、最前付近の方をスタッフさんが救出する場面も目にしてきました。
ホールライブと違って、スタンディングは体力もかなり必要です。
「ライブを楽しみたい」と言うのはもちろんですが、
自分の為にも、周りの人やSOPHIAの為にも
気分が悪くなったら、無理せずに端で休んだり
スタッフさんへ声をかけて助けてもらってください。

そして、自分の周りに居る人の事も気にかけてあげてください
友達だとか、知らない人だとか関係なく
周りに気分の悪そうな人が居たら助けてあげてください。
スタッフさんを呼んであげてください。

実は私もSOPHIAのライブではないですが。
箱ライブに行き始めでまだ慣れてなかった頃
バラードの曲でいきなり倒れたことがあります。
最初は「ちょっと気分悪いなぁ」位だったので、自分でも大丈夫だって思ってました。
バラードで会場が静まり返って私も一息ついていたら、急に立ちくらみがして。
気が付いたらロビーに担ぎ込まれていました。
二千人規模のライブハウスで
フロアのほぼセンターに居た私がフラフラしているのに気が付いたスタッフさんが
人を掻き分け駆けつけて来てくれて。
もう少し遅かったら頭から倒れていたところでした。
自分ではまさか倒れるとは思っていなくて。
スタッフさんに助けられた形になりました。
結果的には楽しみにしていたライブなのに悔いが残る形になり。
一緒に行っていた友達にも迷惑をかけてしまいました。

自分ではわからない場合もあるって事です。
SOPHIAのオーディエンスならみんなで助け合って
怪我人無く笑顔でツアーを終わらせられるはず。
箱ライブだから足を踏んでもOKなんて思わずに
踏んでしまって相手がわかっているようなら一言「スイマセン」と言えるような
そんな空間になると良いなぁと思ってます。







Copyright © SOPHIA TOUR2008           LIVE HOUSE SEMINER.. all rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。